デザイン

存在感を放つ端正な邸宅デザイン。レジデンスとしての風格を描きます。

私邸としての洗練と風格を漂わせる
外観フォルム。

未来に向けた開発が進み成熟しつつあるこの街の風景に、溶け込みながらも格調高い意匠の中にモダンなディテールを表現した外観デザイン。4階までを重厚なブラウン色のタイルでまとめ、5階から上はガラス手摺バルコニーとし、安定感と洗練を描き出しました。

奥へと誘うアプローチを通り、
心やすらぐ静謐の空間へ。

私邸という名に相応しい奥ゆかしさと格式を感じさせるエントランスアプローチ。質感のある黒御影石調の壁、石調タイルを敷き詰めた床面、照明をはめ込んだキャノピーの構成が住まいのグレードを静かに主張。サイドには植栽を配し和らいだ雰囲気を醸し出します。